合宿免許のメリット

合宿免許には通学型にはないメリットがたくさんあります。合宿に参加するとなると自宅から通うことができないために、2週間の合宿期間のスケジュール調整が必要となります。準備もありますし、往復の移動疲れも考えられますし、万が一ストレートに卒業できないことも考えられます。そこで、教習の前後数日は開けておく方が望ましいです。

スケジュール調整をするというのはアルバイト先や職場に迷惑がかかるため面倒に思う人もいるものですが、それだけの調整をしても行くべきといえるくらいメリットはあります。まず、教習が短期間で終わるために知識が身につきやすいですし、スキルも定着します。運転に不安がある人こそ毎日のように車に乗ってコツを掴む方が上達しやすいですし不安を取り除きやすいです。

そして、合宿には様々な地域の人が集まりますし年齢も所属も違う人たちが集まるので、普段はなかなか出会えない人たちと出会うことができます。自分の価値観を広げることもできますし、意気投合できる仲間と出会うこともできることがあります。人見知りが不安な人も、同じ目的を持って集まっている人たちなので自然と仲良くなりやすいです。人見知り克服や協調性を身につけるきっかけにもなります。

 

合宿免許のキャンペーン

合宿免許の特徴として、通学型よりも費用が安く抑えられるということがよく言われます。合宿というと宿泊費もかかるためにコストがかかりそうですが、シーズンや宿泊先を選べば通学型の教習に通うよりも5万円から10万円ほど安くすることができます。ただし、費用を抑えるためにはいくつか条件があるので気をつける必要があります。

まず、合宿免許は大学生が多く参加するために春休みや夏休みといった長期休暇期間というのは参加者が集まります。このような人気のシーズンは合宿費用も上がりますし、逆に閑散期になれば合宿希望者が少ないために費用も割引がされます。また、宿泊する施設によっても費用は変わります。最近は最新設備の整った施設であったり個室があったり女性専用の宿泊施設であったり、温泉やビジネスホテルに宿泊できたりと様々です。もちろん、そのような施設によってプラス料金が発生することもあります。

このように、プラス料金が発生することにも気をつけるべきですが、値引きのサービスにも気をつけておくべきです。申し込みにインターネットを用いたり、早期予約をしたりすれば割引がされるというキャンペーンを行なっていたり、閑散期に特別キャンペーンが行われたりということもあります。合宿先の候補を探すときにはキャンペーンの有無についても確認することでお得に参加できるようになります。